活動紹介

活動概要


目的

 将来を担う優秀な人材の育成を通して、モザンビークの教育事情の改善と貧困の解決を目的としています。日本の民間援助で開校した「モザンビークの太陽中学と高校」の運営支援をしています。

 また、日本とモザンビークの草の根のレベルの交流を推進することを目的としています。

太陽学校

活動実績

  • モザンビーク・ベイラ市の「モザンビークの太陽中高校」の建設及び運営支援
  • モザンビークで大学生対象の日本語教室開講(1996-2000)
  • 徳島大学大学院に二人のモザンビーク人留学生派遣(1997-1998)
  • モザンビーク国立エドアルド・モンドラーネ大学生25人に奨学金支援(2004-2012)
  • 日本国内でのモザンビーク紹介活動
  • モザンビークへのスタディーツアーの実施
授業

活動業務

  • モザンビークの太陽中高校の運営支援
  • モザンビークの国立大学生への奨学金支援
  • 活動報告、講演、各種イベント参加を通じての啓蒙活動
  • スタディーツアーの企画・実施
  • 現地へボランティア派遣
  • (近況)2012年10月20日(土)よこはま国際フェスタ会場でモザンビークの学校を支援する会チャリティーバザー実施
  • 動画を視聴する
よこはま国際フェスタ

現在の活動

  • 現在特に力を入れていること
  • ボランティアの育成
  • 眼科医療分野での支援活動
  • NGOアフリカ眼科医療を支援する会(AOSA)のモザンビークでの活動に協力しています。
  • AOSAのサイトへ
眼科医療の現場

支援の意義

 1975年にポルトガルから独立して以来、東西の代理戦争ともいえる。16年間の長期の内戦を経て、1992年に停戦しました。1994年には国連軍の監視下で初の総選挙が行われました。

 以来、政情は安定し、海外からの投資も増えて年間経済成長率は7%に達しています。鉱物資源、とくに、石炭の採掘が進み、世界最大級の埋蔵量といわれる天然ガスが発見されています。近年、小中学校の建設をはじめ、教育環境は次第に整備されてはいますが、今なお中高校の校舎の整備が追いつかず、学校に行きたくても行けない青少年が多いのが実状です。

 国の発展は、教育の整備なくしてはあり得ないとの認識に基づき、当会が1995年に第二の都市ベイラに開校した「モザンビークの太陽中高校」の運営支援を継続していく意義は大きいと確信しています。

ページトップ